2008年01月14日

あらすじ

9月、「おれ」はとあるきっかけで大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。「おれ」の前に鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。その鹿とは1800年前から人間を守りつづけた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いる目を運ぶ「運び番」に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、狐の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は違うものを渡された。訳が分からない「おれ」に鹿は印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。そして、同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。

一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベント「大和杯」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラベル:あらすじ
posted by kei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。