2008年01月16日

登場キャラクター

登場キャラクターのうち玉木宏、綾瀬はるかの演じるキャラクターです。
おれ
主人公だが原作では本名不明。28歳。大学の研究室で実験をしていたが、助手との折り合いがつかず、「神経衰弱」とのあだ名をつけられている。そのせいもあり、腹が弱く整腸剤が欠かせない。准教授を目指す助手の研究の邪魔になるため、今回、奈良に行くことを薦められた。鹿から「目の運び番」に任命されてしまい、役目を失敗すると顔を段階的に鹿にされてしまう。ただし、この秘密を知るのは自分とある特定の人物のみで、それ以外の人間には、鹿になった姿が見えない。また、鹿がしゃべることや、運び番、使い番の話を伝えることができない。
堀田イト(ほった・いと)
16歳。古風な名前だが、当校の学生。しかし、「おれ」の授業一日目から遅刻をしたり、クラスメートを扇動して攻撃するなど、水と油の関係。実は問題を抱えていて、あることに「おれ」より早く気づいていた。どの部活にも属していなかったが、あるきっかけで剣道部に入部する。実家が剣道の道場を経営していて、腕前はかなりのもの。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by kei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。